もう少しで38歳、やっと意識し始めた身体のケアについて | ホームページ制作を長崎や大村でお考えの方、「制作」から「集客」までサポートする株式会社OrangeShare(オレンジシェア)へご相談ください

もう少しで38歳、やっと意識し始めた身体のケアについて

ブログ

今まで身体でケアする事といっては花粉症くらいだったのですが、風邪を引くと回復が昔より長引くようになった気がしたり、いざ休みを迎えると体調を崩す回数が増えたような気がしたり、朝起きても疲れが残っている感じが増えたような気がしたりと、まぁ加齢のせいか体調の変化を感じる事が多くなってきたような気がします。

家族も増え、仕事もプライベートもやりたい事や責任ある事は増えていく一方で、そんな中で体調を崩してばかりでは家族に心配をかけるだけでなく、一緒に時間を過ごしてくれる方々にも迷惑をかけてしまうので、これは今のタイミングで身体のケアを気にかけ、一定に保つように日頃の行動や意識を少しずつ変えていく必要があるな、と。

そして、実際に変えてみて効果を感じた事が数多くありました。こんなの当たり前だよ、という普段からきっちりやっている方々からすると怒られてしまう内容かもしれませんが。。。

晩ご飯をなるべく早めに食べる

傾向的にアルコールを摂取した次の日の朝にだるさを感じることがあったので、普段の晩ご飯から意識的に早く取るようにしてみました。これは自分にとっては効果を大きく感じていまして、明らかに朝のあの重い感じが少なくなりました。この効果を感じてから、「なるべく早く会社に出て早く家に帰ってご飯を早く食べよう」という考えになり、一日のスタートが早くなったことで夜ご飯を食べた後も時間を作る事が出来るようになり、一日が良い意味で長くなりました。(大前提、食べ過ぎ飲みすぎなんだよな、、、きっと。。。)

頭の中のToDoListを書き出す

仕事もプライベートも抜け漏れが出てくるレベルにまで達してくると、やらなきゃいけない事を思い出す時間がかかったり、帰る間際で抜けていた仕事を思い出して必要以上の残業をする羽目になったりと本当に効率が悪くなってきます、私の場合。なので、そもそも忘れても良い状況を作り優先順位をつけられる状況にするべきだなと考えました。そこでToDoListを作成してから仕事に取り掛かることにしました。心がけているのは比較的余裕がある日にはToDoListを作るのに時間をかけすぎないようにすること、忙しい日こそ朝に時間をしっかりかけてToDoListを作成し、今日する事を見極めてそれから淡々と一つずつやるべき事に取り組んでいます。これを始めてから取り組む1つ1つのタスクに対する集中力が明らかに増し、心に余裕が生まれました。心に余裕があるとそれだけで機嫌も調子も良くなるもので、大きな変化を感じます。ある日この話をランチの時に話したら、GTD(Getting Things Done)というメソッドがあるみたいで、そのメソッドと似ているようです。公式サイトを見ると確かに似ている気がします。(興味あるなぁ、GTD。)

寝る前のデジタルコンテンツを減らす

AmazonプライムビデオHuluNetflixなどのVOC(Video On Demand)に皆さんも何か加入していると思うのですがこのVOCの閲覧や釣りやスケボーのハウツー動画の閲覧で、布団に入ってから寝るまでに携帯を眺める時間が増えていました。結果として日頃の仕事とダブルで目に負担をかけてしまって、目を重たく感じていました。ですので、ブルーライトをカットする眼鏡をかけて閲覧時間を短くしました。ブルーライトをカットする眼鏡って効果あるのですね、おかげ様で目の調子が改善されました。(会社でもかけようかなぁ、眼鏡。)

この他にも、半袖か長袖かを迷ったら長袖も用意したり(義母の指摘により気づきましたが薄着らしい。)、間食を極力避けたり、PCに向かう時の姿勢を気づいたら正したり、睡眠時間を毎日最低6時間取るよう心がけたりと無理しない範囲で出来る事がある事が気づきました。

こう書いておきながら、昨日は優先順位を間違えて帰宅が遅くなりだるさを感じていたりするのですが、これからも他人からすると工夫にも感じられない小さい改善を自分なりに重ねていき、出来る限り好調な時間を過ごせるようにしたいと思います。